明確な導入目的でベストな太陽光発電選び

太陽光発電をどこのメーカーにするか選ぶとき、工務店やコンサルタントに相談をしますが、導入する目的を明確に伝えるようにしてみてください。
工務店やコンサルタントの方が、お客様の要望や条件を汲み取ってベストなモデルを提案してくれる際、製品のしぼりこみにとても役立つからです。

 

太陽光発電を導入する目的として多くの方があげるのは、月々の光熱費を節約したい、環境にやさしいエネルギーに移行したいなどです。
当たり前すぎると思われるかもしれませんが、これらを目的としているならそう伝えてみてください。

 

製品選びにどう影響するかといえば、まず高い発電量を発揮させるためのメーカーや設計をプランニングしてもらいます。
太陽光発電は初期費用がとても高くつくので、できるだけ早いうちにコストの回収を終わらせたいという目的の方が多数いらっしゃいます。

 

この場合は、発電量が高いというだけではなくて、初期費用をできるだけ抑えられるように配慮することが必要ですよね。
設置にかかるコストが極力少なく、発電効率をある程度満たしていること、この2つを兼ね備えるようにすれば、通常よりも早めに元が取れそうです。
こうしたことから、太陽光発電にどのくらいの予算を考えているか、伝えておくことが大切でしょう。

 

経済的という点から見れば、シャープが有利という意見がありますが、予算次第では効率的に発電する三洋電機を選択した方が、初期費用を早めに回収できる可能性があります。

 

多結晶シリコン型

「多結晶シリコン型の太陽電池」

 

 

多結晶シリコン型という太陽電池は、単結晶シリコン型と同じく原料にシリコンを用いているのですが、所定の規格に満たないオフグレードのシリコンでも製造が可能です。
単結晶シリコン型を作ろうとすると純度の高いシリコン結晶が必要になるので、コストなどがかかってしまいます。

 

多結晶シリコン型は、性能の高さと発生するコストのバランスがいいという魅力があります。
異なる半導体製品で残ったシリコン結晶を作れるなど、製造にかかる費用を削減できるからです。
こうした太陽光発電メリットデメリットから、企業用製品やメガソーラーに多結晶シリコン型の太陽電池が幅広く採用されています。
あわせて読みたい⇒ 太陽光発電のメリット・デメリット@最適な設置業者の選び方

 

家庭に設置する太陽光発電でも、一般的な住宅より面積が広く取れるところでしたら企業などでなくても初期費用を抑えられることから、選択肢の第一候補にあげられます。
太陽光を変換する効率のよさを比べると、多結晶シリコン型より単結晶シリコン型の方が上回りますし、モジュールもしくはセル単位で比較してもあまり高い発電量とはいえないのですが、広い面積を太陽光発電の機器に利用できるのであれば、割安な費用で導入できるところが魅力です。

 

現在は、十分な発電量を得ようとすると多くの枚数を取り付けなければならないので、家庭用としてはあまり利用されていない状況です。
多結晶シリコン型は今後さらなる技術革新が進んでいけば、導入コストを抑えられるということから、太陽光発電の普及に役立つ存在になることが期待されます。

 

更新情報・お知らせ

(2014/04/04)
単結晶シリコン型を更新しました
(2014/04/04)
CIS型・CIGS型を更新しました
(2014/04/04)
HIT型を更新しました
(2014/04/04)
アモルファスシリコン型を更新しました